新たな採用手法!タレントプール活用で採用成功!

タレントプール活用で採用成功!

 

会社を成長させていくためには優秀な人材の確保は欠かすことができず、採用活動をいかに成功に導けるかは会社にとって永遠の課題となります。

しかし、採用活動は簡単なものではなく時間やコストをかけたからといって必ずしも優秀な人材を確保できる保証はありません。

また、近年では労働人口の減少に伴い採用競争が激化しており、採用を成功させるために頭を悩ませている担当者の方も多いのではないでしょうか。

そんな中、新たな採用手法として注目を集めているの「タレントプール」について今回は詳しく紹介していきます。

「タレントプール」の活用方法やメリットについても紹介していきますので、採用活動への導入を検討されている方や悩んでおられる方はぜひ参考にしてください。

 

タレントプールとは

 

タレントプールとは採用候補となる優秀な人材を確保しておくためのデータベースです。

採用活動を行う中で、泣く泣く採用を見送り後に「あの人を採用しておけばよかった」と後悔したことはありませんか。能力は認めつつも会社や応募者の都合で今回は採用に至らなかったというケースは少なくありません。

タレントプールを活用すれば、一時的には惜しくも不採用となった人物をプールして管理できるので、縁を絶やさずコンタクトを取り続けることが可能です。

条件が整った最適なタイミングでスカウトを行うことができるので、機会損失を防ぎ効率よく採用活動を行えます。

 

タレントプール活用手順

 

タレントプールを活用すれば、効率よく優秀な人材を採用することができます。ただし、単にタレントプールを導入しただけでは、採用を成功させることはできません。タレントプールを有効的に利用できるよう、活用の手順をしっかりと理解しておきましょう。

 

人材のプール

まずは採用候補になりうる人材をプールしていきます。

重要なのは自社での活躍が見込める人物を見極めることで、接点を持った応募者を闇雲にプールしてはいけません。

採用活動の中で評価しながらも採用を見送った人や、内定を出したものの辞退をされてしまった人、さらには転職サービスやSNSなどを通じてマッチ度が高いと感じた人も押さえておくと良いでしょう。

 

自社にマッチした人材のデータベースを構築

続いて、プールした人材をリスト化しデータベースを構築していきます。

候補者とのやり取りを管理できる他、ツールによっては評価に応じて候補者のランクづけを行なったり、スコアをつけることも可能で効率よく人材の管理を行えます。

 

採用候補者の関心が薄れないよう、定期的にコンタクトを取る

プールした採用候補者と定期的にコンタクトを取ることも非常に重要です。

優秀な人材をデータベースに登録していても、候補者の入社意欲が低下してしまっては採用につなげることはできません。自社に対する興味を保ち続けてもらえるよう、以下のような方法で積極的にコミュニケーションを図っていきましょう。

 

・定期的に近況確認の連絡を入れる

・SNS等を通じて自社の情報を発信する

・社員との交流イベントを開催する

・社内勉強会への招待

 

オンライン上でのコミュニケーションだけでなく勉強会や交流会などオフラインでもつながりを持つことで、採用候補者の新たな一面を知ることができたり互いに理解を深めあうことにも繋がります。

自社で目をつけている有能な人材は他社も獲得に乗り出している可能性が大いにあります。

採用が成功するよう、積極的にコミュニケーションを取り自社をアピールしていきましょう。

 

適切なタイミングでスカウトを行う

採用候補者とのコミュニケーションを高めることができれば、いよいよスカウト活動に入ります。

採用候補者の就職活動状況や自社の空きポストの状況など互いの状況を考慮し、適切なタイミングで求人案内を送りましょう。

タイミングを逃さないためにも、先ほどご紹介したように採用候補者と定期的に連絡を取り近況を把握しておくことが非常に重要となります。

また、なんとしても欲しい人材がいる場合は、採用候補者がいつでも入社できる体制を整えた上でタイミングにとらわれず時間をかけてアプローチを行なってください。

 

タレントプールの活用メリット

タレントプールを活用すれば、自社の空きポストに合わせてスピーディーに採用活動を進めていくことができるので効率よく人材を確保することができます。また、広告費などをかけずに採用活動を行えるため、大幅にコストを削減することも可能です。

 

ミスマッチを防ぐことができる

タレントプールを活用すれば長期に渡ってコンタクトを取り続けることができるので、お互いのことを十分に理解した上で採用を行えミスマッチを防ぐことができます。

数回の面接では伝えられることに限りがありますが、タレントプールでは時間をかけて自社のことを伝えていくことができ応募者が全ての不安を解消した状態で入社を迎えられます。

また、企業側も応募者のスキルや適性、性格などを時間をかけてじっくりと見極められるため、自社によりマッチ度が高い人材を選択することができます。ミスマッチの防止は早期退職の防止にも繋がり、長期間の活躍が見込める人材を効率よく採用できます。

 

採用コストの削減

新たに人材を採用するためには莫大なコストがかかります。

広告費や人材紹介費用は数百万円に及ぶことも珍しくありません。タレントプールを利用した採用ではプールした採用候補者にアプローチを行い採用活動を進めていくため、新たに広告を掲載したり人材を紹介してもらう必要は一切なく、 採用コストを大幅に削減して優秀な人材の獲得を行うことができます。

 

状況に応じて素早く人材を確保できる

新たに人材を採用するためには多くの時間も要することになります。

採用までには広告会社や人材会社に相談を行い広告を掲載して募集を募り面接を行うと、少なくとも4ヶ月ほどの時間がかかってしまうことが多くなっています。

その点、タレントプールを利用すれば、空きポストが出ればすぐにオファーを行い面接を行えるので、        早ければ1ヶ月ほどで採用活動を終えることができます。

急遽人手が必要になった場合でもスピーディーに候補者にアプローチを行えるように、会社の状況に応じて素早く必要な人材を確保することができるため大変便利です。

 

タレントプールの必要性

近年、少子高齢化の進行に伴い労働力が年々減少している影響で、働き手の確保が難しく売り手市場の状況が続いています。

そのため、優秀な人材を確保するためには採用競争に競り勝つ必要があり、自社をしっかりとアピールし労働者の関心を引くことが更に重要になってきます。

タレントプールを利用すれば、期間を設けることなくアピールを行えますし、大衆に向けた採用広告とは異なり特定の個人に向けたアピールも可能です。

また、一度は縁がなかった人に対しても継続してアピールを続けることができ、優秀な人材を簡単に逃がしてしまう心配もありません。

採用競争が激化する近年において、優秀な人材と継続してつながりを持ちいつでもコンタクトを取れる「タレントプール」は採用活動において大きな役割を果たすことになります。

 

タレントプールを活用して優秀な人材を獲得しよう

労働人口の減少に伴い採用難が叫ばれている昨今において、優秀な人材を獲得するためには採用に工夫を凝らすことが重要となっています。

「タレントプール」は従来の採用のように不採用であればそれで終わりではなく、採用候補者を継続してプールすることが可能です。そのため、タイミングや条件が合わず一度は入社に至らなかった人であっても後に採用に至ることもあります。また、メリットも非常に多く、採用コストをかけず短期間で採用活動を行える他ミスマッチを防ぎ定着率の高い人物を採用できます。採用活動において会社にも雇用者にも大きなメリットを「タレントプール」はもたらすのです。採用競争に負けず自社にマッチした有能な人材を獲得したいと考えているのなら、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

採用サイトビルダーCMS型
人材紹介ビジネスコンサルティング
求人サイト制作で失敗しないために知っておきたいこと