Google for jobs なんで日本でも対応しなければいけないの?~indeedとの違いとは?~

Google for jobs 日本でのサービス開始が迫っている今、
なんで日本でも対応しなければならないの? そもそもindeedとの違いとは?

 

こんにちは!採用コンサルタントの吉川です!

今回は、Google for jobsへの日本版に対応する意味とindeedとの違いについてお話ししたいと思います!

 

そもそもGoogle for jobsとは、

簡単にご説明すると、Googleで求人検索した際に、広告枠とオーガニック枠の間に表示される求人情報の事で

Google上で求人検索した人に対してオススメされる求人です!

そして、広告枠とオーガニック枠の間に表示される検索結果のことを”エンリッチ検索結果” と言います!

 

求人のエンリッチ検索結果に掲載してもらうためにはGoogle for jobsに対応する必要があるのです!

Google for jobsへの対応方法は何パターンかありますが、、、

正直どれも複雑でよく分からなかったり、めんどくさかったりします。

Google for jobsへの対応方法として、初めからGoogle for jobsに対応済みの採用サイトを使うことが一番簡単で分かりやすく、そして確実です!

ちなみに、弊社の採用サイトビルダーCMS型はindeedとGoogle for jobsに完全対応しております!

 

indeedとGoogle for jobsの違いですが、冒頭でもご説明した通り、Google上で求人を検索した際に、

広告枠

Google for jobs

オーガニック枠(indeedや求人媒体など)

 

この順番で求人が表示されます。

 

つまり、Google上で求人を検索した際に、indeedよりも上位に表示されるということになります。

だからといってindeedで今までのように求職者を獲得できなくなるわけではありません。

大事なことは、Google for jobsとindeedの両方に対応を済ませた自社の採用サイトを持つことにあります。

オウンドメディアリクルーティングが主流となっている今、Google for jobsとindeedへの対応を済ませていないだけで、大きな機会損失を起こしてしまいます。

豊富なコンテンツを持つ自社サイトや、求職者に向けたメッセージ、企業理念などを打ち出しても、お仕事を探している人に閲覧されていなければ何の意味もありません。

なので、Google for jobsとindeedには早急に対応しておく必要があるのです!

 

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました!

 

採用サイトビルダーCMS型
人材紹介ビジネスコンサルティング
求人サイト制作で失敗しないために知っておきたいこと