Google for jobs 、簡単に日本で対応させる方法

Google for jobsが日本でテストが開始され、既にローンチ(開始)されているイギリスの例から考えると、2018年12月中旬から1月はじめごろにはローンチ(開始)されるのではないかと考えている関係者が多いです(2018年12月5日現在)。

Google for jobsがスタートすると自社採用サイトが非常に有利になる中で自社の採用ページをGoogle for jobsに対応させる方法・情報を集めている方々が多いと思いますので対応させる方法をご紹介します。

Google for jobsとはGoogleのエンリッチ検索結果

Google for jobsとはGoogleの検索結果の中で1つのジャンルに特化して検索結果の情報をまとめた、エンリッチ検索結果(Enriched Search Results) というものです。3つのジャンルがあります。求人・イベント・レシピです。詳しくはGoogleのヘルプサイトエンリッチリザルトをご覧ください。

googleforjobs

Google for jobs に日本で対応させる方法

自社の求人をGoogle for jobsに対応させるにはエンリッチ検索結果に引っかかるように構造化データ(求人をGoogleの指定する形)を作成して求人ページにマークアップ(決まっているタグでソースの中に追加すること)することです。

詳しくはGoogleのヘルプサイトの解説ページに公開されています。簡単にまとめた、構造化データのマークアップのやり方が掲載されているGoogle for jobsの掲載、どうやるの?5分でわかりやすく説明をご覧ください。

自社コーポレートサイトに採用情報を掲載し求人を「Google for jobs」に対応させる方法

「Google fo jobs」に対応させる方法はコーポレートサイト採用情報の掲載方法によって変わってきます。

採用情報が固定ページで掲載されている企業サイト

非常に簡単です。Google for jobsの掲載、どうやるの?5分でわかりやすく説明を参考にJSON-LDフォーマットで構造化データをつくり、メモ帳アプリ(テキストエディタ)などでファイルを編集するだけです。

拡張子が主にhtml・htmであれば十分うまくいきますがphpなどでできているものは知識が必要です。詳しくはあえて書きませんが、この短い説明で理解できなければ危険なので業者へおまかせした方がよいと思います。

企業サイトが「WordPress」などでできている場合

これもそんなに大変ではありませんがWordPressの中で投稿ページもしくは固定ページで採用情報を作っている場合、ページをビジュアルではなくテキストで編集できる方法がありますのでそちらからJSON-LDフォーマットの構造化データを挿入するだけです。

JOB関係のプラグインなどをいれている場合はとても厄介です。基本プラグインのほとんどが外国製のものが多く、プラグインをGoogle for jobsに対応させるのは至難の業です。Google for jobsに対応しているプラグインなどに入れ替えるか採用情報が少ない場合は固定ページで作り直すほうが早いと思います。

プラグインでは「Jobs for WordPress」が対応しておりますが、しっかり日本語対応されていません。英語が得意でかつ、ある程度WordPressに自信のある方であればJobs for WordPress(Google for jobs対応プラグイン)をいれてみてください。

採用情報ページを採用サイトに変更

Google for jobs を簡単に日本で対応させる方法は採用ページを採用サイトに変更することです。Googleのヘルプサイトを見て少し敷居が高く感じる方は制作会社にホームページを任せている企業様はこの機会に採用ページを独立させ採用サイトに変更する方が簡単です。

採用サイトであれば今後の新しいトラフィック(求職者を集める)にも対応されますし求職者のステータス管理などもついており、indeedの対応もできています。株式会社カスタマの「採用サイトビルダーCMS型」であれば月額1万円でかなり綺麗で便利な採用サイトができます。応募率が上がる工夫もできていますので月額1万は大きな投資ではないと思います。

これが一番、簡単に日本で対応させる方法です。また、将来的には変わってくると思いますが現在、アメリカでもGoogle for jobsだけでなくやはりindeedの影響の方が大きいといわれています。冷静にGoogle for jobsをみると地域×職種で100件の求人表示だと探すほうから見ると少し物足りないのかなと思います。

ただし、フィルターによる絞込みができるので求めている求人をすぐに探すことができるようになってくると大きな影響があるかもしれませんし、直接企業の採用募集ページは優先されるといわれているので企業は自社の採用・募集ページは絶対にGoogle for jobs対応するべきです。

まとめ

Google for jobsの対応は企業採用募集の求人数によってかわってくると思います。1ページから5ページぐらいであれば手動でJSON-LDフォーマットの構造化データを挿入するだけ十分対応出来ます。

しかし、採用する職種・店舗・支店など募集内容の変更・追加が頻繁に発生するのであれば専用のクラウドサービスを利用することをおすすめします。
自社のコーポレートサイトと採用サイト(採用ページ)を一緒に作ってしまうと度々の求人の変更や対応をお願いすることに時間やコストがかかってくるので採用サイト専門の業者にお任せしたほうが楽です。

採用担当者の目的はGoogle for jobsの対応が目的ではなく採用することが目的だと思いますので独自の採用サイトを作ることにより、Google for jobsの対応をはじめ、様々なことに対応ができます。(採用サイトは独自ドメインでの制作をオススメします。)

今後、日本での採用は企業活動の中でとても重要であり、採用活動も様々な事(SNS・オウンドメディアなど)をおこなわなければならなくなってきます。その中で採用サイト制作に時間をかけるのはナンセンスだと思います。

 

採用サイトビルダーCMS型
人材紹介ビジネスコンサルティング
求人サイト制作で失敗しないために知っておきたいこと