indeed(インディード)代理店選びで失敗しないための3つのポイント

採用=求人媒体が崩れてきている中で「indeed」の使い方がとても重要になっています。今までは有料人材紹介会社・派遣会社などが使ってきたindeed(インディード)ですが一般企業が自社雇用の為に、利用するケースが大変伸びています。しかし、いきなりindeed(インディード)を直接利用するには少しハードルが高い為、代理店経由で利用するのが一般的です。その代理店選びで失敗しないための3つのポイントをまとめました。

indeed(インディード)代理店選びで失敗しないために比較したい3つのポイント

indeed(インディード)代理店はどこも同じだと思っていませんか?

代理店によってサポート内容や費用、採用率が大きく変わります。

良い代理店を見つけるために比較したいポイントはたったの3つです。

「indeed(インディード)代理店のサイトを見比べても、どこが良いのかイマイチ分からない」とお悩みの方は、

ぜひ以下の3点をチェックしてみてください。

 

≪indeed(インディード)代理店を比較するポイント≫

  1. 求人ページの作成をどこまでサポートしてくれるか?
  2. 費用はいくらかかるか? ~12万円以下は怪しい?~
  3. 運用ノウハウ・実績があるか?

求人ページの作成をどこまでサポートしてくれるか?

■indeed(インディード)掲載条件を満たす求人ページが必要

indeed(インディード)を利用するためにはindeed(インディード)に掲載する求人ページを用意する必要があります。

求人ページはindeed(インディード)の管理画面から作る(テキスト内広告)こともできますが、文字しか入力できないため、とても簡素なものになってしまいます。

自社サイトに求人ページがある場合は、そのページをindeed(インディード)に掲載することができます。

しかし、indeed(インディード)に掲載するにはいくつかの基準があり、基準を満たしていないページは掲載することができません。

例えば、「1職種×1勤務地ごとに固有のURLが設置されている」という条件があります。

これは1職種×1勤務地ごとにページを分けなさいという意味で、1つの求人ページに複数の職種や勤務地が異なる求人を掲載しているとアウトになってしまいます。

わざわざ求人ごとにページを分けているという会社は少ないのではないでしょうか。

 

■代理店は何をしてくれる?

自社サイトの求人ページがindeed(インディード)の掲載条件を満たしていない場合、どのように対応してくれるか?

これがindeed(インディード)代理店を選ぶうえで重要なポイントです。

パターン① サイトの修正指示だけしてくれる

自社サイトの求人ページをどのように作り変えれば良いか指示をしてくれるので、自社で対応するか、Web制作会社に修正を依頼する必要があります。

求人ページ作成サービスの記載がない代理店はこのパターンだと思われます。

 

パターン② 求人ページ作成システムを提供

自社サイトを作り変えるのではなく、indeed(インディード)掲載用の求人ページを作成します。

有名なサービス「採用係長」(株式会社ネットオン)は、フォームに情報を入力するだけで求人ページを作成できるサービスです。文章は自分で作成する必要がありますが、スピーディーに作成できます。

例:株式会社ネットオン

 

パターン③ 代理店が求人ページを作成

indeed(インディード)掲載用の求人ページを代理店が作成してくれるパターンです。

最低限の求人データ(職種や雇用形態、給与など)を渡せば、文章も代理店が作成してくれます。

プロが文章を作成するため、より求職者の心に刺さりやすい求人ページを作成できます。

例:インビジョン株式会社、株式会社カスタマ(弊社)など

■弊社が作成する求人ページは、他社とひと味違います!

弊社は単なる求人ページではなく、企業の特色や想いが伝わる採用サイトを作成しています。

制作期間は1週間程度、制作費は無料です!

文章作成はもちろん、デザインも一社一社こだわって作成しており、indeed(インディード)代理店の中では類を見ないクオリティとなっています。

ぜひ一度、以下のリンクから実例をご覧ください。

≪弊社が作成した求人ページ(採用サイト)の一例≫

【飲食】株式会社チェリー様 飲食店スタッフ募集 株式会社チェリー採用サイト

飲食店の社員の募集は大変難易度が高く、社員募集をするポータルサイトでは40万ぐらいのお金をかけてもうまくいきません。

弊社の対策はまず、1ヵ月、運用してみて問題点を洗い出し、ペルソナ(求職対象者)をしっかり絞込み心を動かす(応募させる)求人を作っていくことで難易度の高い中でも結果をだしました。

※いくら良いメッセージを書いても採用サイトの見た目がダサいと今の求職者は去っていきます。内容とデザインの両方が大切になります。

 

【夜勤スタッフ】有限会社末広様 スタッフ 有限会社末広採用サイト

末広様は大田市場で卸業をおこなっていますが夜勤専門(夜10時から翌朝まで)の特殊な仕事の為、スタッフ採用には大変お困りでした。原代表は大変人格のあるすばらしい社長様ですが、求職者へ伝えることができてませんでした。当社の採用サイトビルダーで作ったサイトでしっかりメッセージを作ることにより、応募を取れるようになり、成功した一例です。

 

【薬剤師】シーエスメディカルネット様・株式会社トラストファーマシー様

シーエスメディカルネット採用サイト  株式会社トラストファーマシー採用サイト

2社とも調剤薬局チェーンの業態ですが薬剤師の採用は人材紹介を100%利用されており、1人当たりの採用単価は150万ぐらいになります。

シーエスメディカルネット様はコーポレートサイトも兼ねた採用サイト、トラストファーマシー様は管理栄養士から看護師・相談員など多種の資格者を必要としていましたが弊社で採用サイトを制作、利用し両社とも薬剤師の応募もありびっくりされておりました。

 

まだまだ、たくさんの改善事例を持っていますのでお問合せください。
お問い合わせフォーム

 

費用はいくらかかるか? ~12万円以下は怪しい?~

indeed(インディード)代理店を比較するポイントの2つ目は、やはり「費用」です。

とはいえ、indeed(インディード)代理店はサイトを見ても費用が分かりにくかったり、そもそもちゃんと書いていないこともあるので、お困りの方も多いかと思います。

「運用費は広告費の20%ってどういう意味?」

「indeed(インディード)って無料で求人を掲載できるんじゃないの?」

そんな疑問をお持ちの方へ、まずはindeed(インディード)自体の料金体系からご説明します。

 

■indeedの料金体系

indeed(インディード)の求人掲載には【自動掲載・無料掲載・有料掲載】の3パターンがあります。

基本的に、indeed(インディード)代理店が取り扱っているのは【有料掲載】のみとなります。

①自動掲載(無料)

自社の求人情報がindeed(インディード)によってクローリングされ、自動的に掲載されているパターン。

自動的に掲載されていればラッキーですが、待っていれば掲載されるという保証はありませんし、自分の意図しない形で掲載されることもあります。私の経験ですが人が簡単に集まる求人(人気の職種・給与が高い・待遇がとても良い)など、このような求人は無料で掲載されます。

また、自社の求人ページがindeed(インディード)の掲載条件を満たしていない場合は自動掲載もできません。

②無料掲載

indeedは無料で求人を掲載することができます。

indeed(インディード)のアカウント作成し管理画面から求人情報を入力することができますが、入力できるのは文章のみで、写真の投稿や装飾ができないため、ものすごく簡素なページになります。普通の求人(人気のない)はなかなか掲載されませんし、最近はindeedにとても人気が集まっているので、まず、無料だけを考えている方はまず自社の求人内容を見直し、求人条件(給与・残業・お休みなど)を業界でも良い状態にされないとindeed(インディード)の中では表示されません。求職者が見たがる求人を表示される仕組みです。ハローワークや有料広告に出しても反応がない求人にはindeed(インディード)無料掲載だけで応募を取るのは難しいと思います。

「無料掲載の仕方」の記事を準備していますのでできしだいアップしたいと思います。

indeed(インディード)の無料掲載(オーガニック)を利用したいのであれば、やはり、有料に出しつつクリック率を上げ、無料枠に出るように上手にコントロールするのがベストです。

③有料掲載(indeed広告)

有料掲載した求人は、indeed(インディード)で求人を検索した際に、上から4求人・下から2求人のスポンサー枠といわれ、いわゆる有料掲載になっており、残りが無料枠(オーガニック)になってます。掲載基準はindeed(インディード)のAIが求職者の行動から探していそうな求人をクリック課金額の入札制で表示しております。これがなかなか理解しにくいシステムで、理解するだけではうまくいかないので代理店にまかせる方が良い結果がでると思います。

indeed(インディード)を直接利用する場合はクレジットカードを設定すればクリックで消費した費用の3万から4万ぐらい(金額はクリック単価とクリック数によります)がカード請求で発生します。代理店を使う場合は最低12万(広告費)と代理店コンサル費用が必要になります。求人企業は広告費とコンサル費用を代理店に支払う形になり、代理店は広告費をindeedに支払います。

代理店コンサル費用がかかるのであれば自分でindeed(インディード)を利用するのが良いと考えるのが普通ですが、実は代理店に頼んだ方が良いと思います。理由はindeed(インディード)内での競争があります。indeedの立場で考えるとお客様は平等になるのでindeedとしてh一番費用を使ってくれるかどうかです。ただ、費用をただ使うだけではうまくいきません。indeed(インディード)内競争に勝利するには強い代理店に依頼するのが一番です。

クリック課金というとGoogleやYahoo!などのリスティング広告みたいに高額な単価と思われますが、indeed(インディード)のクリック単価は15〜999円の間で自由に設定でき、相場は50円~350円程度で日額予算・月額予算を設定できるので予算をオーバーすることなく安心して利用できます。

indeed(インディード)に求人を掲載するには有料掲載する求人ページの準備・クリック単価の調整など、ある程度の専門知識や技術が必要なため、indeed代理店に依頼するのが一般的です。

 

■indeed(インディード)代理店はいくらかかる?

indeed(インディード)代理店を利用するということはindeedに有料掲載をするということなので、まずはindeed(インディード)にチャージする広告費が必要になります。

indeed(インディード)有料掲載の最低チャージ額は12万円と決まっており、どの代理店を利用しても一緒です。

また、代理店を利用せずに自社で運用する場合はクレジットカードを設定すれば使った料金だけ払う形になります。

indeed(インディード)代理店を利用する場合、運用費としてプラス数万円の費用が必要となります。

例えば弊社の場合、お預かりした額の20%を運用費としていただいております。

 

≪具体例≫

15万円お預かりした場合: 3万円を運用費としていただき、12万円をindeed(インディード)にチャージ

20万円お預かりした場合: 4万円を運用費としていただき、16万円をindeed(インディード)にチャージ

※indeed(インディード)の最低チャージ額は12万円なので、最低15万円必要となります。

※費用は全て税抜きです

■12万円以下のindeed(インディード)代理店は怪しい?

indeed(インディード)の最低チャージ額は12万円なので、それ以下の代理店は12万を3ヵ月で請求する形など1度に12万を請求せずに合計で12万になる縛りをつけてあります。12万しばりもない場合はほぼ間違いなく正規代理店ではなく、もぐりです。注意しましょう。

料金についてあいまいな表記をしているindeed(インディード)代理店も多いので、全部でいくら費用がかかるのかをしっかり確認するようにしましょう。

 

運用ノウハウ・実績があるか?

indeed(インディード)代理店を選ぶ上で絶対に確認する必要があるのは、運用ノウハウ・実績の有無です。

なぜなら、indeed(インディード)代理店の主な仕事である「クリック単価の調整」「求人作成・修正」を上手く行えるかどうかは代理店の腕にかかっているからです。クリック単価を高くすれば上位に表示されますがただ高くすれば良いというわけではありません。まったく関係ない職種の検索結果などにも表示され、ただただ応募単価が高くなるだけなのでいかに対象者にみてもらうか、また、何ページぐらいでみてもらうかそして応募させるかが腕の見せどころです。実際に掲載している求人がどのように掲載されているか教えてもらうことが1番の選ぶ基準になると思います。

 

■indeed(インディード)クリック単価の調整は意外と難しい!

indeed(インディード)広告はクリック課金制で、クリック単価は15〜999円の間で自由に設定できます。

当然、高いほど表示されやすくなりますが、高くしすぎると無駄になってしまいます。

他の求人がクリック単価をいくらにしているかは分からないようになっており、クリック単価の相場は業界・職種、地域によって異なります。さらに、時期によっても変動します。

また、クリック単価を高くしすぎると、あまり関係のない人にまで求人が表示されクリックされてしまうという落とし穴もあります。

最初はクリック単価をある程度高くして、何人かに応募されたらクリック単価を落として求人の露出を少なくするという調整も必要になってきます。

つまり、掲載する求人の内容に応じてクリック単価の相場を把握し、相場の変動や採用状況に合わせてクリック単価を調整しなければいけません。これを自社で行うとなると研究や試行錯誤が必要となり手間がかかるうえ、最初は広告費を無駄にしてしまうことも多いかと思います。

indeed(インディード)広告運用ノウハウの豊富な代理店に依頼すれば、広告費を無駄にせず効率よく運用できるので、費用対効果が高くなります。

■実績豊富なindeed(インディード)代理店を見つけるコツ

indeed(インディード)代理店の中には、indeedから「シルバーパートナー」や「ゴールドパートナー」と認定されている代理店があります。

これは、多くの顧客と契約し、多くのindeed(インディード)広告費を使った代理店が得られる称号です。

ノウハウや技術力を認定するものではありませんが、運用実績が豊富な代理店と言えます。

 

■indeed(インディード)代理店のランクより大切なこと

弊社はindeed(インディード)代理店としては新しく、まだ「シルバー」や「ゴールド」の称号はありません。

しかし、人材紹介会社として、4年も前から自社でindeed(インディード)の研究・運用を行ってきました。弊社がindeed(インディード)を使い始めたときはまだ、indeed japanはまだありませんでした。当然、「シルバー」や「ゴールド」の称号もありませんでした。自社だけで「シルバー」ぐらいの料金は使っています。特に弊社の扱ったきた職種は「薬剤師」「看護師」「介護職」など非常に獲得しにくい職種なので多くのノウハウや技術力が蓄積されています。

運用ノウハウなら大手indeed(インディード)代理店にも負けないと自負しております。

その証拠として、代理店を始めて半年のうちに、以下のような成果を上げることができました。

 

・株式会社TACT様

期間:indeed広告運用開始から7日

実績:【英語職事務】(正社員)3名の応募を獲得

費用:indeedチャージ額から5561円利用(応募単価1887円)

TACT様は別代理店でテキスト広告を利用していて大阪エリアではうまく応募がとれていたが、東京では取れず弊社に依頼があり1週間で応募3名をとりました。

 

・一般社団法人障害福祉総合サービス様

期間:indeed広告運用開始から1ヵ月

実績:【保育士・児童指導員】(正社員・パート)3名の応募を獲得

費用:indeedチャージ額から42,351円利用

一般社団法人障害福祉総合サービス様は4月までの採用がうまくできず非常に困っていましたが弊社に依頼がきてすぐに結果を出すことができました。代表からわざわざ感謝の電話があり、感動されていました。

 

・三成運輸株式会社様

期間:indeed広告運用開始から6日

実績:【ドライバー10t・運行管理者】(正社員)3名の応募を獲得

費用:indeedチャージ額から1343円利用

非常に難易度が高い、ドライバーなどの運送関係の職種で3名の応募をとり、本当にビックリされていました。

 

シルバー・ゴールドランクの代理店のように多くの広告費を使ったわけではありませんが、短期間で応募を獲得しました。

むしろ「少ない広告費で多くの求職者を獲得した」ということに意味があります。

indeed(インディード)代理店を比較する際は、代理店のランクだけでなく、実際に「1343円で3人の応募を実現した」という「成果」に注目してしていただければと思います。

indeedの掲載・代理店・採用代行ならカスタマナレッジルームのTOPへ戻る

採用サイトビルダーCMS型
人材紹介ビジネスコンサルティング
求人サイト制作で失敗しないために知っておきたいこと